ネパールの暮らし ネパールについて ネパールの食事
電話でのお問い合わせは 03-6450-2734 まで

地域

国立公園と保護区

ネパールには、9つの国立公園、3つの野生動物保護区、3つの自然保護地域、及び1つの狩猟指定区があります。国土領域のおよそ15%以上に相当する約15,000平方kmが保護地域とされている、世界有数の国といえます。
シェイポクスンド国立公園
サガルマータ国立公園
マカルー・バルン国立公園
チトワン国立公園
ランタン国立公園
シヴァプリ国立公園
カプタ国立公園
ララ国立公園
バルディア国立公園

カンチェンジュンガ保護地域
アンナプルナ保護地域
マナスル保護地域

スクラファンタ野生動物保護区
コシ・タップ野生動物保護区
パルサ野生動物保護区

ドルパタン狩猟指定区

トレッキング許可証
トレッキング許可証

各種許可証と地域

各トレッキングルートにはチェックポストがあり、外国人はトレッキング許可証の提示が義務付けられています。許可証を持っていない場合には、通常許可証を取得する以上の額を支払うなど、ペナルティーが課されます。 そのほか国立公園入園許可証保護地域入域許可証などがあります。事前にカトマンズまたはポカラの出入国管理事務所でトレッキングエリア、ルートに合った必要な許可を必ず取得してください。
弊社のトレッキングパッケージプランには各種許可証取得代行料金が含まれています。許可証自体の料金は、ご参加パッケージプランの種類により含まれない場合がありますので、お問い合わせください。
- トレッキング許可証
①マナスル  75$~90$ ( 7 日間まで。シーズンにより異なる)
②マカルー  10$ ( 7 日間まで。 5 週目以降は週 20$ )
③カンチェンジュンガ  10$ ( 7 日間まで。 5 週目以降は週 20$ )
④ シミコット 700$( 10 日間まで。その後 1 日あたり 70$ )
⑤ アピ  90$ ( 7 日間まで。その後 1 日あたり 15$ )
⑥ サイパル  90$ ( 7 日間まで。その後 1 日あたり 15$ )
⑦ マナン奥地  75$~90$ ( 7 日間まで。シーズンにより異なります)
⑧ ターメ奥地  10$ ( 7 日間まで。 5 週目以降は週 20$ )
⑨ フムラ  90$ ( 7 日間まで。その後 1 日あたり 15$ )
⑩北ドルパ 700$ ( 10 日間まで。その後 1 日あたり 70$ )
⑪南ドルパ  10$ ( 7 日間まで。 5 週目以降は週 20$ )
⑫ムスタン  700$ ( 10 日間まで。その後 1 日あたり 70$ リエゾンオフィサー同行のこと)
- クライミングピーク許可証
①メラピーク
② アイランドピーク350$( 1 か月。 1 グループ4人まで。)
③ パルチャモ
④ ピサンピーク
⑤ チュクン・リ
⑥ ヤラ・ピークなど

- 国立公園入園許可証
*サガルマータ国立公園  1000 ルピー。
*ランタン国立公園  1000 ルピー。
*ララ湖国立公園  1000 ルピー。
*マカルー・バルン国立公園  1000 ルピー。
*シェ・ボクスンド国立公園  1000 ルピー。
*バルディア国立公園  500 ルピー。
*カプタッド国立公園  1000 ルピー。
*チトワン国立公園  500 ルピー。
*ドレパタンハンティングリザーブ  500 ルピー。
*コシタップワイルドライフリザーブ  500 ルピー。
- 保護地域(保全地区)入域許可証
*アンナプルナ保護地域  2000 ルピー。
*カンチェンジュンガ保護地域  2000 ルピー。
*マナスル保護地域  1000 ルピー。
*マカルー・バルン保護地域  2000 ルピー。
上記の料金や条件等は予告なく変更となる場合がございますのでお申し込み時にお問い合わせください。 >>お問い合わせ

ナラヤンヒティ国立博物館

ネパールは2008年5月28日に王制が廃止され、連邦民主共和制となりました。ネパールのシャー王が住居としていたナラヤンヒティ宮殿は、2009年2月26日から国立博物館として一般公開されることとなりました。国立博物館は240年続いたシャー王朝の歴代の王、そして王室の所持品の数々を展示しています。